YUM>cofee

どうも。 

YUM COFFEEのオーナー、藤崎です。

 

生豆、入荷しました。

・エメラルドマウンテン

・マンデリンデカフェ

・大吟醸コーヒーマンデリンG1

  

YUM COFFEEではその他、だいたい6種類の生豆を常備しております。

 

生豆だと、しっかり保存しておけば3年は保つんです。

 

なので、自家焙煎派の私は生豆を仕入れます。

焙煎後の鮮度と香りが豊かな状態で飲むことができるという贅沢気分♪ 

 

一人暮らしのキッチンに、マイブランドのカップを並べるプライベートブランド地獄にハマる。

 

夜は、デカフェ中心で、朝は少しパンチの強いコーヒーらしいコーヒーを頂いたり。 飲み分けております。 

 

今回、初めて入荷したのが「大吟醸コーヒー」 

日本酒の大吟醸は聞いたことがありますが、コーヒーってどうなのよ。って思って500g仕入れました。 

 

九州に、親愛なるコーヒー仲間(と、勝手に思ってる)方にプレゼントしようと思ってます。 

 

次にお会いした時には、ハンドドリップで淹れて差し上げようかなと思っているので、その辺も楽しみの1つ。 

 

コーヒーヲタクゴコロがうずきます。

 

そして最近・・・

 

スポンサーリンク

微粉について気になってきました。 

微粉は雑味

bifun-wa-zatsumi

挽いた豆の大きさは均一になることが美味しいコーヒーの条件であると師匠から常々聞いております。

 

コーヒーミルでゴリゴリと挽いていますと、微粉が混ざります。全て一定の大きさの挽き豆が出てくることって難しいですからね。  ハンドミルなら尚更、微粉が混ざりやすくなります。  

 

微粉が多く混ざっていると、コーヒー成分の抽出具合が変わってきてしまうそうです。成分抽出のバランスが悪くなると味がぼやけたり、過剰抽出により雑味満載のコーヒーになってしまうそうです。

プロ仕様のコーヒーミルならば、この微粉が出にくい=ロスがなくなる。のですが、べらぼうに高いのでそこは断念。 

 

と、いうわけで・・・

 

 

クリアで雑味のないコーヒーの向こう側を気にし出し、Amazonさんに速攻で「微粉セパレーター」を注文! 

↑現在、待っている段階。 

 

 

昨日のブログでは「待てるヲンナ」と、豪語しておきながら、Amazonさんの到着を待ちきれない「結局、待てないヲンナ、フジサキ」は、自宅の茶こしを使ってみることに。  

 

 

 

この続きは、今度ね♪

 

そんなわけで。飲むより淹れるのが楽しくて仕方ない。 カフェオーナーごっこを夜な夜な一人、寂しく楽しんでおります(笑) 

 

あ!来週は、YUM COFFEEのデリバリーを頼まれたのでセットを一式持参して伺わねば。 

  

淹れるのは楽しいから良いんだけど、絶対的に「あ、美味しい」って言わなきゃいけないハラスメントに彼女たちは耐えられるのかしら(笑)  

 

飲む直前の私の視線に耐えられるのかしら・・・。ふふ。

 

コーヒーハラスメントで訴えられないように気をつけようっと。 

 

See ya♡

 

 

 

ABOUT US

LashikU Magazine筆者:イベントMC 藤崎 ▷ 全国9都市で「女性が恋愛対象の女性向けイベント」を主宰。 ▷ LashikU(ラシク)ではイベントMCをしています。 ▷ イベントMCは生業ではありません。 ▷ LGBTではありますが、LGBT啓発的活動家ではありません。 ▷ レインボーパレードに参加を考えていません。虹色グッズを手にしたりもしません。 ▷ 否定派でも肯定派でもありません。 ▷ カミングアウトも特別しようとは思っていません。 ▷ SNS等に顔出しをしようとは考えていません。 ▷ ただの映画好きビアンOLが更新するブログです。